ibukiは、企業の「想い」や「こだわり」を浮彫にしてお客様の心に響き、共感して頂けるブランディング戦略を提案します。

line
HOME > Case stady

case stady

ブランディング構築事例

歯のエステサロン、という新しい発想を伝えていく。

- ティースアイ千葉様の場合 -

課題・オーダー

歯科医院との違いをどう魅力的にみせるか?

「歯のエステサロン」という、これまでにない発想でサロンをオープンした「ティースアイ千葉」様。
しかし、単なるホワイトニングであれば美容歯科というカテゴリで一般の歯科医院でも扱っており、どのように歯科医院との差別化を図るか、といった課題を抱えていらっしゃいました。
また、歯科衛生士ならではの技術、知識を活かしたサービスをいかに魅力的にお客さまに伝えていくか、といった悩みがありました。

施策

40代、50代女性に的を絞ったピンポイントの表現に。

歯のエイジングケア、という新しい発想。
「歯のエステサロン」という、これまでにない発想でサロンをオープンした「ティースアイ千葉」様。
しかし、単なるホワイトニングであれば美容歯科というカテゴリで一般の歯科医院でも扱っており、どのように歯科医院との差別化を図るか、といった課題を抱えていらっしゃいました。
また、歯科衛生士ならではの技術、知識を活かしたサービスをいかに魅力的にお客さまに伝えていくか、といった悩みがありました。

コンセプト

定期的な口元のケアが健康的な美しさをつくる。

女性は口元から年齢が出る。
だからこそ、定期的な口元のケアがアンチエイジングにつながり、健康的な美しさの原点になることを広く伝えるコミュニケーションを設計しました。
ビジュアルは、女性らしいハートをモチーフに、メッセージは「歯のエイジングケア」をキーフレーズにロゴ、パンフレット、名刺、オープン用のDMを制作し、ブランドを構築しています。

完成

専門知識を持った歯科衛生士がケアしていること。
そして人工的な美しさではなく、ナチュラルで健康的な美しさをめざしていることを伝えるために、取材をもとにティースアイ千葉ならではの差別化やこだわりを明確にしています (器具を使わない手によるケア、天然素材を使ったケア、専門知識に基づくケア)。
また、専門的な知識に基づいた施術を行っていることが伝わるよう図やイラストを使い分かりやすく表現しています。

ロゴ、パンフレット、名刺、オープン用のDM